ロックンロールハネムーン

どこかに行きたいと君が言ったからそれを受けて手を引いたまでのことだ。世界中の物語で書き殴られているような逃避行だと、僕は思っていた。

光忠


作品URL:
※この画面をスクショしてお使い下さい ※再読み込みするたびにフォントが変わります
※月間ページビューが上限に達するとフォント変更機能が無効になります
▼表示用URL(※フォントは固定できません)