*プラグイン機能 [#k1847656]
#contents
**プラグインとは [#mb7c27f3]
HTML Dwarfの基本パッケージが持っている機能に、お好みでオプションを追加するためのファイルを「プラグイン」と呼びます。~

**プラグインのインストール方法 [#p408cb99]
+プラグインをダウンロードし、解凍します。
+htmldwarf.cgiと同じ階層に、''plugin''というフォルダを作成します。(すでに作成してある場合はそのままで)
+ダウンロードしたプラグインファイル(拡張子がplのファイル)をpluginフォルダに入れます。
+ダウンロードしたプラグインに、pluginフォルダのほかにフォルダがある場合は、そのフォルダを中身ごとhtmldwarf.cgiと同じ階層に入れます。

※プラグインファイルのパーミッションは''604''となりますが、通常は変更不要です。

**公式プラグイン [#gd19480e]
:[[ver3convert.pl]]|バージョン3からバージョン4へのアップグレードを支援するプラグインです。
:[[diagn.pl]]|システム診断機能を追加するプラグインです。
:[[multiuser.pl]]|マルチユーザー機能を追加するプラグインです。
:[[freelibs.pl]]|ライブラリ機能を追加するプラグインです。
:[[reserve.pl]]|更新予約機能を追加するプラグインです。
:[[getmail.pl]]|メールフォームと送信ログ閲覧機能を追加するプラグインです。
:[[news.pl]]|新着情報ページ作成やRSS配布のためのプラグインです。

**プラグインの自作 [#lc6769c9]
自作のプラグインをHTML Dwarfに組み込むことが可能です。~
プラグインの仕様は下記のとおりです。

 # パッケージ名指定
 package パッケージ名;
 
 # メニューから呼び出すサブルーチン
 sub pckmain {
 〜
 }
 # ページ生成前に呼び出すサブルーチン
 sub getresult_before {
  # htmlデータを受け取る
  my $data_ref = $_[0];
  # htmlデータを変換
  $$data_ref =~ s/対象文字列/置換文字列/;
 〜
 }
 # ページ生成前に呼び出すサブルーチン
 sub getresult_after {
  # htmlデータを受け取る
  my $data_ref = $_[0];
  # htmlデータを変換
  $$data_ref =~ s/対象文字列/置換文字列/;
 〜
 }
 
 package main;
 
 # プラグイン名
 $plugin_name{'プラグインファイル名'} = 'プラグイン名称';
 
 # メニューの追加
 push (@menu_plugin, 
  qq(<li><a href="$cgi?menu=パッケージ名" target="main">メニュー名称</li>));
 
 1;

RIGHT:最終更新:&lastmod;

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS