*バージョンアップ履歴 [#q28ee254]
** freelibs.pl ver1.10 (05/09/21リリース) [#x1574243]
***主な変更点 [#p446a92c]
ライブラリ内でテンプレート変数が使えるようになりました。
***バージョンアップ方法 [#e158e0d4]
freelibs.plを上書きしてください。

** HTML Dwarf ver4.00 (05/09/13リリース) [#m5dc8abd]
***主な変更点 [#z4ad22a4]
:全般|ファイル構成、拡張子などを一新しました。~
マニュアルをオンライン化しました。~
プラグインシステムを採用しました。
:セキュリティ|セッション管理機能を採用し、セキュリティを強化しました。~
:ファイル管理|管理できるフォルダの階層を無制限としました。~
ファイルの移動、コピー、zip圧縮が可能になりました。~
編集可能な拡張子を自由に設定できるようになりました。~
ファイルのアップロードがまとめて5つまで可能になりました。~
目次ファイルの作成でリンク先の選択と順番の入れ替えが可能になりました。~
目次ファイルをもとにダウンロード用テキストファイルを書き出す機能を搭載しました。~
リンクのターゲットの指定が可能になりました。~
:CGI動作設定|ログインパスワードとは別に管理パスワードの設定が必要になりました。~
ブラウザからの設定変更の有無を変更できるようになりました。~

***ver3.xx、旧4.00βからのバージョンアップ方法 [#ra16c789]
+ver3.xxと同じ場所にver4.00を設置する場合は、下記のファイル・フォルダをサーバーから削除してください。
--htmldwarf.cgi
--imgSz.pl
--cgi-lib.pl
--[manual]フォルダ
+HTML Dwarf ver4.00を設置してください。
+バージョンアップ用プラグイン(ver3convert.pl)を設置してください。
+novelフォルダ内に、ver3で作成した小説ファイルを入れてください。
+templateフォルダ内に、ver3で利用していたテンプレートファイルを入れてください。
+ver3の設定ファイル(config.pl)と著者情報ファイル(personal_data.dat)をhtmldwarf.cgiと同じ階層に置いてください。
+templateフォルダ内に、バージョン3で利用していたテンプレートファイルを入れてください。(別のフォルダに設置する場合)
+ver3の設定ファイル(config.pl)と著者情報ファイル(personal_data.dat)をhtmldwarf.cgiと同じ階層に置いてください。(別のフォルダに設置する場合)
+htmldwarf.cgiにアクセスしてください。
+ログインパスワードを設定して、ログインしてください。
+CGI動作設定にアクセスして、コンバートボタンを押して下さい。
+CGI動作設定で管理パスワードを設置し、小説保存フォルダの場所を指定してください。(別のフォルダに設置する場合)~
たとえば、バージョン3をhtmldearf3というフォルダに入れ、その中のnovelフォルダに小説を保存していた場合、小説保存用フォルダの設定は「&color(red){''../htmldwarf3/novel''};」となります。
+別のフォルダに設置した場合、問題なく動作することを確認したあとで、バージョン3用フォルダ内の1で指定したファイルを削除してください。

&color(red){※今回のバージョンアップでは、システムの大幅な変更をしています。};~
&color(red){新バージョンは旧バージョンとは別なフォルダに設置して、小説保存フォルダの指定を変更するという方法を取ると、小説のアドレスは変えないまま、安全に移行できます。};

***ver4.00βからのバージョンアップ方法 [#ra16c789]
htmldwarf.cgiを上書きしてください。

RIGHT:最終更新:&lastmod;


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS