HTML Dwarfとは

概要

自作小説を公開している個人サイトのために開発されたCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。
小説をブラウザから掲示板感覚で更新することができます。
デザインはテンプレート登録方式により、ページごとに選択することが出来ます。
生成されるファイルは静的HTMLなので、サーバーに負担がかかりません。
ファイルのアップロードやソースの編集など、ファイルマネージャとしての機能も搭載しています。

主な機能

  • テンプレートを使った小説本文ページを作成・編集
  • テンプレートを使った小説目次ページを作成・編集
  • 定型のテキストファイルから連番の小説本文ページを自動作成
  • 複数の小説本文ページから定型のテキストファイルを自動作成
  • 自由形式のファイルの作成・編集
  • ファイルの移動、コピー、アップロード、削除
  • フォルダの作成、削除
  • テキストファイルとフォルダのzip圧縮(Archive::Zipモジュールを利用、要Compress::Zlibモジュール)

動作環境

サーバー
Perl/CGI(Perl5以上)が動作するサーバー(Unix, Windows)
※CGIからのHTTPヘッダ出力(Set-Cookieヘッダ、Locationヘッダ)が有効になっていること
※zip圧縮機能はPerl5の標準モジュールとCompress::Zlibモジュールが必須
クライアントPC
主要ブラウザの最新バージョン
javascript有効
Cookie有効
フレーム対応
※タグ挿入機能はWindows+IE6.0以外の環境では正常に動作しない場合があります

※上記は管理画面(htmldwarf.cgi)の動作環境です。HTML Dwarfによって作成されたページは普通のHTMLファイルですので、一般的なブラウザなら問題なく閲覧できます。

配布ページ

バージョンアップ

ver3.xx、旧4.00βからのバージョンアップ方法を参照してください。

最終更新:2016-12-19 (月) 16:25:23

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-19 (月) 16:25:23 (275d)